ニーニー技研産業株式会社
サイトマップ
HOME
会社概要イメージ

経営理念

真空成形業界のリーディングカンパニーを目指して

ニーニー技研産業は、 創業以来、多種多様な住宅設備機器の生産を通して、皆様の楽しく豊かなアメニティーライフをサポートして参りました。 その間、積極的な製品開発、優れた品質管理、無駄なく省力化された生産設備など、全社員がひとつになって新しい付加価値を生み出すことで、社会の成長と共に多くの事をノウハウとして蓄積する事が出来ました。

驚くほどのスピードで技術革新が進む昨今、常にクオリティアップが求められる製造業界にあって、弊社は常に流通ネットワークを考慮し、新技術を駆使した生産設備の拡充と、フレッシュで開発精神旺盛な人材育成を柱に、強力な会社体質作りに励んでおります。

弊社が追求し、磨き上げて来た真空成形という技術。 それをさらに進化させることで、 切り開くことのできる新たな未来。 弊社は業界のリーディングカンパニーを目指して、 弛みない努力と挑戦を続けています。

ニーニー技研産業株式会社社屋

ニーニー技研産業株式会社
代表取締役社長
長柄 智

会社概要

  • 名称 二ーニー技研産業株式会社
  • 代表取締役 長柄 智
  • 資本金 2,500万円
  • 創立 昭和41年(1966年)3月1日    法人:昭和46年(1971年)6月
  • 本社 東京都千代田区神田紺屋町11番地
    TEL  03-3254-9061(代)  FAX 03-3254-9066
  • 従業員数  48男  30女
嵐山工場嵐山工場  埼玉県比企郡嵐山町花見台10-9(嵐山花見台工業団地)
TEL 0493-63-0571   FAX 0493-63-1738
川越工場川越工場  埼玉県川越市芳野台 2-8-74(川越東部工業団地)
TEL 049-223-0495   FAX 049-225-7126 )

東松山工場 埼玉県比企郡滑川町大字都25-19 (現在は倉庫)

  • ■製造品目(電気用品型式区分による製品)電灯付家具・コンセント付家具・その他の電気機械器具付家具
  • ・電灯付家具・コンセント付家具・その他の電気機械器具付家具
  • ・洗面化粧台ミラーキャビネット
  • ・木質系ミラーキャビネット
  • ・ユニット式ミラーキャビネット
  • ・化粧棚(壁埋め込み式、浴室収納パネル、トイレ収納パネル)
  • ・ユニットバスの一部(浴室用天井・浴槽フロントパネル等)
  • ・流し台ユニットの一部
  • ■主要取引先
  • ・クリナップ株式会社
  • ・株式会社ノーリツ
  • ・株式会社ハウステック
  • ・パナソニック電工住宅設備株式会社
  • ・サンウエーブ工業株式会社
  • ・TOTOハイリビング株式会社
  • ・DIC株式会社
  • ・株式会社長府製作所
  • ・株式会社ベルキッチン
  • ・ナスラック株式会社
  • ・関東産業株式会社

会社沿革

  • 1966年(昭和41年3月)
    旧国鉄向けエンジン凍結防止器の製造販売を目的として東京東京都千代田区に本拠を置き製造部門を埼玉県戸田市に設け、営業を開始
  • 1968年(昭和43年3月)
    埼玉県蕨市に製造部門を新設。厨房機器ならびに電装品・その他自動車部品等へ販路を拡大
  • 1971年(昭和46年6月)
    法人に改組。製造部門設備の増設を図り、組み立てラインのベルトコンベアー方式を採用。品質向上と量産化を進める。8月には、戸田工場において、乙種電気用品電灯付家具の製造を開始
  • 1972年(昭和47年5月)
    乙種電気用品、その他の電気用品付家具の製造を開始
  • 1974年(昭和49年4月)
    仮設美女木工場において、甲種電気用品、交流電動機応用機器類の製造を開始
  • 1976年(昭和51年11月)
    戸田工場で、甲種電気用品型式(タイムスイッチ)の製造を開始
  • 1978年(昭和53年1月)
    戸田工場で、乙種電気用品、放電灯器具製造を開始
  • 1981年(昭和56年11月)
    埼玉県川越市に川越工場を建設し、新鋭自動真空成形機を導入、品質向上と原価低減への二大目標達成に努める
  • 1985年(昭和60年1月)
    埼玉県比企郡滑川町に東松山工場を建設、受注増消化ならびに新製品製造への対処が ?出来得る体制を構築
  • 1988年(昭和63年6月)
    川越工場に受注増消化と原価低減に努めるために最新鋭自動真空成形機ラインを増設
  • 1995年(平成7年11月)
    埼玉県比企郡嵐山町に嵐山工場を建設、東松山工場を倉庫とし、最新鋭自動真空成形機ラインを導入し、生産効率向上と受注増消化を図る
  • 1996年(平成8年10月)
    電気用品取締法改正により、第三者認証機関の財団法人 電気安全環境研究所JET認証工場(川越・嵐山)となる
  • 1998年(平成10年5月)
    嵐山工場に大型汎用真空成形機とNCルーターマシン2機を自動搬送機で連結したラインを増設し、天井ドーム等ユニットバス部品および特注大型ミラーキャビネットの製造を開始
  • 2008年(平成20年9月)
    環境経営システム・エコアクション21認証・登録を取得
PAGETOP